元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

開発者の視点から!損をしない太陽光発電メーカー選び、 傾斜角度編

今回は初歩的なお話。

これから太陽光発電システムの導入をご検討の方向けです。



モジュールの傾斜角度

既築の場合やハウスメーカーでは、どうすることも出来ないこともありますが、

この傾斜角度、どの傾斜角度が最適な発電効率なのでしょうか?


どのHP、ブログを見ても、猫も杓子も30度

20度であれば、30度より少し効率が落ちるとか・・・。

この程度しか書かれていません。


太陽光発電システムの導入をご検討の方が、このような情報を見ても、

沙良から言わせれば、まったくの無意味。


傾斜角度の30度が一番効率が良いのは確かであり、その通りです。

これは、これから導入をご検討の方は覚えておいて良いでしょう。


しかし、どうでしょう。


陸屋根や新築でユーザーの希望のように屋根傾斜で設計してもらうならともかく、

屋根勾配は、太陽光発電システムを設置するからと言って、

簡単に変更できるものではありません。


販売代理店の営業マンも発電量のことばかり説明するのにも関わらず、

屋根勾配を見てシミュレーションに合わせてくるだけです。

モジュール1枚の発電量が高いから性能が良いとか悪いとか・・・。

〇〇さんのお宅は屋根勾配が△度だから、このくらいの発電量だとか・・・。


 総合的な立場で、傾斜角度から発電量、メーカー考えるとしたら。

屋根勾配を最適な角度に変更することは不可能ですから、

現状の傾斜角度に適したメーカーを選ぶ事です。


モジュール5メーカーを、イコールコンディションでフィールドテストしてみます。

これを3セット 架台傾斜10度、20度、30度

同地域、3年、5年、10年でデーターを取ります。


傾斜10度で、3年目 2メーカー出力低下、1メーカー出力若干低下、2メーカー許容範囲内

傾斜20度で、3年目 3メーカー出力低下 2メーカー許容範囲内

傾斜30度で、5年目、1メーカー出力低下、4メーカー許容範囲内


メーカーによって出力に差が出てくるのは当然ですが、

傾斜角度がかなり影響しています。


設置当初のスタートは一緒でも数年で出力に差が出てしまいます。


傾斜角度〇〇度ならAメーカーでは選定外にし、Bメーカーを選ぶなどの

選択肢は必要です。



天候の曇り、晴れなどばかりを考慮していますが、

その他の外部要因も影響します。


理論上だけのお話だけで検討するのではなく、現状を把握して

最適なメーカーを選びましょう。


詳しくは後日

ハンファQ セルズ 米 ネクステラ・エナジー・リソーシズと約1.5GWの太陽電池モジュール供給契約に合意

ハンファQ セルズ 米 ネクステラ・エナジー・リソーシズと約1.5GWの太陽電池モジュール供給契約に合意


■米国太陽光発電事業に2015 年第4 四半期から1 年間で約1.5GWを供給

■セル・モジュールの製造はマレーシア及び韓国の全自動化された生産拠点

■独自のテクノロジーで高い発電量を実現する「Q.PLUS」を供給


ハンファQ セルズ株式会社は

(以下、「ハンファQ セルズ」)

北米時間2015 年4 月20 日、再生可能

エネルギー関連企業で世界最大規模を

誇る、米ネクステラ・エナジー社の

子会社のネクステラ・エナジー・リソー

シズ(NextEra EnergyResources)と、

太陽電池モジュール供給の契約を締結い

たしましたのでお知らせいたします。

今後、2015 年第4 四半期から2016 年

第4 四半期にかけて、ネクステラ・エナ

ジー・リソーシズおよび関連企業の、

米国における太陽光事業拡大のため

に、ハンファQ セルズより1.5GW 以上の

太陽電池モジュールを供給します。

今回供給する太陽電池モジュールは、

ハンファQセルズが独自に開発し

た「Q.ANTUM セル技術」を使用した、

「Q.PLUS」という製品で、業界の標準的

な製品と比べて発電量の多いという特徴

があります。

このモジュールを、フルオートメーショ

ン化しているマレーシアおよび韓国の

生産拠点にて製造し、供給していきま

す。

今回、大規模な契約に至った背景として

は、ハンファQセルズが2015 年2 月

に、ハンファグループ傘下のQセルズと

ハンファソーラーワンとの合併によ

り、太陽電池の生産能力が世界最大規模

のメーカーとなったことがあります。

アップル、中国でサンパワーと2つの太陽光発電施設を建設へ

アップル、中国でサンパワーと2つの太陽光発電施設を建設へ


時価総額が世界最大の米アップルは米2位の太陽電池メーカー、

サンパワーとともに中国南部で2つの太陽光発電施設を建設する。

サンパワーの16日の発表資料によると、中国四川省に建設される

2つの施設の出力は計40メガワット。投資額などは明らかにしていない。

アップルは社内でエネルギーの自給自足を目指していており

既に同社のデータセンターは全て再生エネルギーで賄われている。




パワーコンディショナーを理解しよう。  日射量急増1.5倍 編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

環境省「再生エネ35%」試算、経産相が疑念

環境省「再生エネ35%」試算、経産相が疑念

宮沢経済産業相は7日、閣議後の記者会見で、太陽光などの

再生可能エネルギーの割合を2030年に最大35%に引き上げられると

する環境省の試算に対し、「実現可能性が十分に考慮されていない」と

疑念を表明した。

その上で、「今検討しているエネルギーミックス(電源構成)の基礎として

用いることはできない」と述べた。

送電網の制約やコスト面などに課題があると指摘した。

経産省は現在、30年時点の電源構成を議論しており、

再生エネについては、13年度の約11%から20%台半ばに

高める方向だ。

一方、環境省は4月3日に試算を公表し、再生エネは全発電量の

24~35%の導入が見込めるとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00050081-yom-pol


これでは、制度的な甘さが出るに決まってる・・・・。

どうにかならないもんですかね~~~

沙良の元上司 J君が「あれはダメだな!」と言ってた意味がよ~くわかる。

重要: 太陽光発電システムの目標達成にあと一歩  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

30年に総発電量の35%=再生エネ導入で試算―環境省

30年に総発電量の35%=再生エネ導入で試算―環境省

環境省は3日、2030年に国内の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率が、

最大で約35%に達するとの試算をまとめた。経済産業省は30年の最適な

電源構成(ベストミックス)を議論する有識者会議で2割超とする試算を示している。

環境省は試算を踏まえ、再生エネルギー導入量の上積みを求める考えだ。

試算は同省が三菱総合研究所に委託した。再生エネルギー導入に向けた

対策の推進度合いに応じ3パターンで電力量を推計。電力を広域で調整する

仕組みを採用するなど最大限の対策を講じた場合、再生エネルギーは

3566億キロワット時に達し、総発電量を現状並みの約1兆キロワット時と

想定すると、全体の約35%を占める。

内訳は、太陽光1280億キロワット時、風力646億キロワット時など

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000109-jij-pol

太陽電池メーカーの生産管理厳格化 中国工業情報化部

太陽電池メーカーの生産管理厳格化 中国工業情報化部

中国工業情報化部は、「太陽電池メーカー規範条件」を改訂し、今後、生産設備の単純な拡大を厳しく抑制していく方針を打ち出した。このほか、環境アセスメントを経ていないプロジェクトは建設を許可しない。3月30日、中国新聞網が伝えた。

新たな規範条件では、生産規模や技術、省エネ、環境保護、品質管理、安全、衛生、社会責任などにおいて基準を明確化。新設、拡大に関しては技術革新や生産コストの低下などを要求し、最低資本金比率も20%と定めた。

省レベル以上の独立研究開発機関に対しては、研究開発や技術改善費用を売上高の3%以上かつ1000万元以上にするよう明示。省エネについても基準を定めた。


スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]