元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内太陽光発電システム 各分野別 施工業者、販売代理店 上位一覧 その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

富士山の山麓で太陽光発電の自粛を要請、世界文化遺産の景観を守る

富士山の山麓で太陽光発電の自粛を要請、世界文化遺産の景観を守る


静岡県の富士市が特定地域を対象に、太陽光発電設備の

設置自粛を要請する行政指導方針を施行した。

富士山頂から南へ20キロメートルほどの場所にある

環境管理計画区域で、広さは6700万平方メートルにおよぶ。

罰則のない行政指導とはいえ、太陽光発電設備を設置することは難しくなった。

自粛を求める地域は富士山の南側の山麓に広がる

森林地帯である。富士市が1991年から「自然の節度ある利用」

をスローガンに開発を抑制してきた

「富士・愛鷹(あしたか)山麓地域環境管理計画」の

対象区域である。富士山麓の緑豊かな自然を守るのと

同時に景観を損ねないようにすることが計画の目的になっている。

2012年7月に固定価格買取制度が開始されて以降、

静岡県内でも太平洋沿岸を中心に大規模な太陽光発電設備の

建設が相次いでいる。富士市みずからも沿岸部にある

下水処理施設の屋根にメガソーラーを建設中だ。

ただし富士山の山麓地域にまでメガソーラーが広がってしまうと、

景観や眺望を損ねる可能性があるため、

地域と条件を指定して自粛を要請することになった。

http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20131213-00010000-biz_it_sj-nb


最近のメガソーラー建設には、個人的には疑問も多い。

立場上、私がいうのも変な話で、太陽光関連に長く従事しているので

自分のやっていることと、言ってることが矛盾しますが、

山林や自然を破壊してまで、人間の儲け、欲のために

メガソーラーを建設することはない。

そんな気がします。

太陽光発電システム シミュレーション 概要

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

勘違いしてる方が多数、一般家庭用太陽光発電システム

今日は、普通の日記です。


先日、電機工事関連の責任者の方とお話したときに

驚くべき話を聞きました。

国内では、一般家庭用太陽光発電システムは10KW以下

10KW以上(モジュール出力、PCS、低いほうで計算し)は産業用と

区分されています。


一般家庭に電機修理にお伺いしたときに、ユーザー様が言ったことが

我が家は全量売りだから~~だったそうです。

・・・・・。

全量売り??って、と聞き直してみると

そのお宅の太陽光発電システムは発電した電気は、すべて売電してると

いうのです。


屋根は、あえて登ってまで見なくても3~4KW程度、

全量買取りになるわけもなく・・・。


ユーザー様に詳しくご説明したのですが、まったく理解できず、

怒りだす始末。


我が家だけは、4KWシステムで全量買取りにしてもらったという。


ブログを見てくれてる方に、あえて説明するまでもありません。


勘違いされてるのです。


それも、販売した施工会社の営業マンから勘違いしており、

昨年の7月以降に設置したから全量買取りに該当すると思っていたようです。


これには、さすがに驚いた。


広範囲に調査対象を広げて見ますと、数件はあるのです、

勘違いしてしまってるお宅が・・・。



電力の明細が別に届いてるからなのか?


運が良いのか? 悪いのか?

沙良の太陽光ブログに訪問して、この記事をご覧になった方にお伝えします。


一般家庭用は、10KW以下であり、

全量買取りではありませんよ。

勘違いなさらないように!!


余剰電力買取りになっています。余った電気を買い取ってもらっているのです。

我が家だけは例外!!なんて、ことはありませんから。

信じられないようなら、一度電力会社の需給契約書をご確認ください。

中国太陽光製品メーカー、3割がEUの課税対象に―中国メディア

中国太陽光製品メーカー、3割がEUの課税対象に―中国メディア

2013年12月4日、欧州連合(EU)の欧州委員会は

現地時間の今月2日に声明を発表し、6日から「価格承諾」に

参加せずにEUに製品を輸出する中国のソーラーパネルメーカーを

対象に、反ダンピング税と反補助金税を課すことを明らかにした。

課税期間は2年だ。国際金融報が伝えた


終的に価格承諾に調印した中国企業は94社に上り、英利、

尚徳、賽維、天合光能、晶科などの大手メーカーが軒並み

「免税リスト」の仲間入りをした。欧州メディアの報道によると

、製品をEUに輸出する中国ソーラーパネル輸出業者のうち、

70%が価格承諾に参加したという。

価格承諾合意に調印しなかった中国メーカーは、

最高で47.6%の懲罰的な反ダンピング税を課されることになる。

ある中国メーカー上層部の話によると、このたびの声明の

内容はこれまでの太陽光製品をめぐる紛争の一つのエピソードに

過ぎず、価格承諾に参加したメーカーには何の影響もない。

だが、参加していないメーカーは大きな影響を受けるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00000039-rcdc-cn


良い方向へ向かえば良いが・・・・。

日本国内でも、中国メーカーを使用してる業者も多く、

大手企業ならまだしも、小さい業者までもが中国メーカーを

取扱い、日本国内も価格争いなどがひどくなってくる。

問題は末端の消費者への影響。

国内の経営基盤が貧弱な業者が、20年先まで生き残れる可能性は

正直ありえない。

これは、悲しいが現実。

ブームは去る・・・・。

太陽光業界は普及拡大はしていくとは思います。

しかし、素人までが取扱いし販売して生き残っていける

時代ではなくなってきます。

来期、一般家庭用太陽光発電システムの補助制度は終了します。


今まで補助金と謳って販売していたような業者には、

かなり厳しい逆風、現実が待ち受けています。

まして、価格争いになれば大きな企業にはかなわない。

大きな物件を受注なんてできるわけもなく・・・。


脅してるわけではありませんが、

色々なことを覚悟しておきましょう。



CISの秘密!! その17  SF170 VS HIT233 データー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

太陽光発電システム、こんなことしても・・・。

家庭用太陽光発電システム、

導入されている方は、理解しやすと思いますが

パワーコンディショナーには切り替えスイッチがあり、

通常であれば連系になっているはず。

残りは、停止と自立。

メーカーによっては、屋外設置などもありますが。

大半は、以上のような感じになっています。


知人の親戚が太陽光発電システムを設置したらしいのですが、

その、御主人が節電に興味を示し始めたとの事。


その、御主人が何をしているか?と言いますと

夜間は太陽光発電システムは動かないから、

パワーコンディショナーのスイッチを夜になると毎晩、停止にするらしい。

そして、朝になると連系にスイッチを切り替えるのだそうです。



節電の為らしいのですが・・・・。


太陽光発電システムの10KW以上の大型、全量買取りにて設置した方は

わかると思いますが、いくら全量買取りと言っても

パワコンの待機電力代金は請求されます。


切り替えスイッチで、停止させてもパワコンには待機電力は必要となりますから

スイッチを切っても、あまり意味はありません。

電気は通電していますので。




本音を言いますと、正直やめて頂きたいですね、

頻繁に切り替えるスイッチではありません。

壊れやすいということはありませんが、

基本的にはスイッチは連系にしておくもので、

停止からカウントし連系する作業のほうが機器には負担が掛かりますので。

そのままにしておくのが、一番良いと思いますけど・・・。




スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。