元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIGS太陽電池サブモジュールで変換効率18.34%を達成

CIGS太陽電池サブモジュールで変換効率18.34%を達成


産業技術総合研究所(産総研)は9月26日、

基板サイズ3cm×2cmのCIGS太陽電池サブモジュールで

変換効率18.34%を達成したと発表した

同成果は、同所 太陽光発電工学研究センター 先端産業プロセス・

高効率化チームの柴田肇研究チーム長、

上川由紀子産総研特別研究員、小牧弘典研究員らによるもの。

CIGS太陽電池は、2μm程度の薄い光吸収層で十分な光吸収が

得られること、基板には安価なガラスや金属薄膜などが

利用可能などのメリットから、低コストかつ高い変換効率が

得られる太陽電池として注目されている。また、最近では、

生産ラインにおいて製造されたモジュール(125.7cm×97.7cm2)で

変換効率14.6%が達成されるなど、量産レベルでの太陽電池モジュールでも

変換効率が向上している。一般的に、太陽電池モジュールの

変換効率(世界最高効率:15.7%)は小面積単一セル(世界最高効率:20.4%)と

比べると低くなってしまうが、モジュールと小面積単一セルでは、

製造方法や構造の違いなど異なる点も多く、

変換効率の損失原因の解明を複雑にしている。

サブモジュールは、小面積単一セルとモジュールの中間的に

位置づけられたもので、同所ではサブモジュールを通して、

集積化に伴う本質的な変換効率損失要因の探求・改善を図っている。

市販品でも使用されるレーザースクライビング、

メカニカルスクライビングといった集積化工程を採用し、

高度化することで、集積化に伴う特性損失を抑える開発などを

進めている。今回、さらに集積化構造の高度化・改良を進め、

その集積化技術と高品質CIGS光吸収層製膜技術を集約した。

今回のCIGS太陽電池サブモジュールでは、一般的に用いられる

ソーダ石灰ガラス基板を使用、光吸収層にはこれまで培ってきた

高性能CIGS製膜技術を集約し、表面のミクロなくぼみ(ボイド)が

少ない表面平坦性に優れた、均質かつ高品質な光吸収層を作製した。

今回作製した太陽電池サブモジュールは、

4つの太陽電池セルを直列に接合した集積構造を持つ。

この集積構造は、(P1)モリブデン(Mo)裏面電極の

レーザスクライビングによる切り分け、(P2)バッファ層/CIGS光吸収層の

メカニカルスクライビングによる切り分け、(P3)透明導電膜/バッファ層/

CIGS光吸収層のメカニカルスクライビングによる

切り分けからなる方法によって形成されている。

これらのスクライビングされた領域は、

太陽電池の光電流生成に寄与しない領域(デッドエリア)となり

、光電流の損失原因となる。今回、スクライビング条件、

パターン形状などの最適化を進め、集積化工程により導入される

電気的損失を最小限に抑えるとともに、デッドエリアの低減により

光学的損失を低減した。高い集積化技術と高品質CIGS光吸収層製膜技術を

融合した結果、CIGS太陽電池サブモジュールで、

18%を上回る変換効率η=18.34%(開放電圧:2.963V、

光短絡電流:29.05mA、曲線因子:76.2%、指定面積:3.576cm2)を実現した。

今後、研究グループでは、今回確立された高い集積化技術および

高品質光吸収層製膜技術を、より大きな面積の

CIGS太陽電池サブモジュールやフレキシブル太陽電池サブモジュールに応用し

、CIGS太陽電池サブモジュールの高効率化・高機能化をさらに推し進めるとしている。

(日野雄太)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130927-00000162-mycomj-sci
スポンサーサイト

電圧上昇抑制の理解と対処法 その10

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大丈夫ですか?太陽光モジュールの20年保証

大丈夫ですか?太陽光モジュールの保証


太陽電池業界の再編指導意見、近く発表か―中国


中国太陽電池連盟秘書長の王勃華氏は中国で開かれたフォーラム上で、

国務院の方針に基づいて、太陽電池業界の再編を指導する意見が

間もなく出る見通しを明かした。9月18日、第一財経網が伝えた

5-04.jpg

太陽光発電の基幹価格や分散式発電プロジェクトの補助基準などが

明らかになり、中国の太陽発電関連の需要は急速に伸びている。

王渤華氏によると、今年上半期、国内太陽光発電の発電規模は

2.3ギガワットに達したという。

とはいえ、この業界では融資の壁が高いことや生産設備が

深刻な過剰に陥っていることなど、問題も多々あり、

業界環境が好転しているとはいえ、ほとんどの企業が赤字にあるのが現実だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000012-xinhua-cn



現実問題、中国での太陽電池モジュールは完全に飽和状態になっています。

そのうえ、モジュール自体の出力保証が25年や20年、機器保証が10年などと

言った保証を設けています。

メーカーによっては、保障と謳っていても保証書のような書面は発行せず、

保証はメーカー独自の基準とするといった内容のものや

何も記載の無いものもあります。


中国製が悪いと言ってるわけではありません

日本のメーカーとの考えの違いがあることを理解していないといけません。


保証を適用することが、25年先に発生した時にどうするのか?

その中国製モジュールを取扱いしていた販売代理店が存在しているのか?

中国メーカーが存在してるのか?

メーカーが合併や再編した場合、保証内容はどうなのか?

保証のメーカー独自の基準は大丈夫なのか?

存在しており保証になったとしたら、現在のシステムに対応できる

モジュールを生産しているのか?


言い出したら、山ほどあります。



売電価格、補助金、KW単価が安いなどと言ったことで

飛びつき契約するのではなく、太陽光発電システムが稼働できる期間

安全に機能できるように、あらゆる方向から検討してみる必要があると思います。











あなたの太陽光発電システム、本当に発電してますか??

あなたの太陽光発電システム、本当に発電してますか??


先日、知人の元請け総販売代理店の社長さんを通じ、

小さな施工会社で発生してしまったクレームの件で

相談を受けた。


その内容とは、太陽光発電システムを設置し数年が経過してるが、

点検で詳しく調査してみたところ、1ストが死んでいた。

お客様は、太陽光発電システムは100%発電するわけでもないし

気象条件や立地条件で影響を受けるので、こんな程度の発電量と

思っていたとの事。


数年間の発電量は完全に損してしまった状態。


すでに太陽光発電システムを設置してる方は、

毎日でなくても発電量モニターを見るしモニターで発電量が表示されるから

大丈夫と思ってるかもしれません。

このお客様もモニターは見ていました。


少し詳しい方なら理解できると思いますが、

一般家庭用表示モニターは、トータルで発電量を表示しています。

実際には、消費電力を測定してるのではなく発電量から

電流の向きを検知しソフトにて計算し、発電量、売電量、買電量などを

モニターで表示する。(メーカーによって若干異なります)


1ストリング別で監視してるわけではないので、

極端な言い方をしますと、1ストリング死んでも普通に表示するし

連系から、このような状態ならば気がつかない。


この業者さん、連系のときに電圧など検査はしたようなのですが・・・。



メンテナンスフリーと言われる、太陽光発電システムですが

1年に1回は総点検をしてみては?




電圧上昇抑制の理解と対処法 その9

電圧上昇抑制の理解と対処法 その9



太陽光発電システムを設置される多くの方達が気にしてるが、

この、電圧上昇抑制でしょうか。


この、1年間 パワーコンディショナーを10台設置し、

電圧上昇抑制は発生するのか?

PCSが、どのような動きとなるのか?をテストしてみた。


「複数台設置のパワーコンディショナーの抑制動作」

以前アップしてありますが、これが、基本動作となる。


結論から言いますと、

案の定、3メーカー同じ条件で10台づつ複数台設置してみたが、

電圧上昇抑制が発生した。

しかし、動作がメーカー毎、それぞれ異なっています。


非常に面白い動きになっていた。


完全に、もぐら叩き状態!!


10台のPCSが抑制し合うという表現は間違っているが、

AのPCSとCのPCSが抑制になり、BとDが正常に動作し

電圧が上昇することにより、B,Dに抑制がかかり、

A,Cが正常に動く!といった感じで、10台それぞれが,バラバラな動作をします。

横にPCSを10台並べて設置し確認していても、

どのPCSが抑制になってるのか?正常になってるのか?

ランプ表示で解るようにしてはあるが、

チカチカして、本当にもぐら叩き状態になるのです。


グラフに表すと、人間の心電図のような感じと言えば理解できるでしょうか?


逆に考えれば、瞬間、瞬間でそれぞれ異なったPCSが抑制動作に入り、

解除すると、全体では思ったほどの抑制時間にはならないのだが・・・。


この動作が続くと、数台のPCSの抑制動作が長くなり、

結局、そのときによってPCSは異なるが抑制になってしまう。


この動作確認、3メーカー程で10台設置してのテストなのだが、

ほぼ同じような動作になる。


連系前と連系中で極端に電圧が上昇してしまうメーカーもあった。


沙良が勝手に、もぐら叩き抑制と名前を決めました(笑)













ソーラーフロンティア、メガソーラーマップを公開 全国の設置事例を閲覧可能

ソーラーフロンティア、メガソーラーマップを公開 全国の設置事例を閲覧可能

SFM.jpg




昭和シェル子会社のソーラーフロンティアは、9月13日より

同社ホームページ上で、日本国内でのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の

設置実績をまとめた「メガソーラーマップ」の公開を開始した。

今回公開されたメガソーラーマップは、ソーラーフロンティア製

CIS薄膜太陽電池モジュールが使用されているメガソーラーの

一部を紹介している。マップには北海道から鹿児島まで

日本各地の計101.8MW、45カ所のメガソーラーの情報が盛り込まれている。

マップは誰でも閲覧が可能。今後はその他のメガソーラー事例なども

同マップに随時追加していく予定。CIS薄膜太陽電池モジュールの



導入を考えている事業者等に活用してもらうのが目的。

マップでは、Googleの日本地図にマッピングされたアイコン、

または、都道府県別のリストから施設名をクリックすると、

施設名、住所、発電事業者、運営者、EPC事業者、総出力などの

情報が地図上にポップアップで表示される。

宮崎県において、リニアモーターカー宮崎実験線の高架上約3.6kmに

太陽光パネルを縦列に配置した1MWの宮崎ソーラーウェイなど、

一部のメガソーラーは、同社のプレスリリースへのリンクも

設けられており、詳細を知ることができる。



ソーラーフロンティアは、独自技術で開発した

CIS薄膜太陽電池モジュールを世界規模で生産、販売している。

CIS薄膜太陽電池モジュールは、発電量の多さが特長で

これまで住宅用や産業用を問わず、様々な場所で設置されてきた。

同社は、CIS薄膜太陽電池モジュールを使ったシステム販売、

発電事業などにも取り組んでおり、太陽光発電システムに

関わる包括的かつ付加価値の高いエネルギーソリューションの

提供を目指している。

http://www.kankyo-business.jp/news/005749.php



CISの秘密!! その15

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

LIXIL シャープと資本業務提携で50億円出資

LIXIL シャープと資本業務提携で50億円出資


LIXIL(東京都千代田区)は、業務提携関係にあるシャープ(大阪市阿倍野区)

との関係を更に強化するため、新たに業務提携契約を結び、

シャープの行う第三者割当による新株式の発行に応じ、

50億円を出資すると発表した。

これまで、両社の共同開発商品である屋根一体型の

太陽光発電システム「ソーラール―フ」やHEMS「みるる」など、

業務提携の効果で新商品の売り上げは順調に推移しており、

更に建材と電材を融合した商品力を強化することを目的にしたもの。

今後、LIXILは同社の販売網だけでなく、国内外でのシャープの

販売網を活用し、今回の提携に基づく商品を販売することを計画している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130919-00000002-jsn-ind

太陽光発電ブログの継続

いつも、沙良の太陽光ブログに訪問してくれてありがとう。


おかげさまで、アクセス数も右肩上がりに日々増え続けています。


桁違いな数値となってきました。


それだけ、皆さん興味があるのでしょうか。


少しでもお役に立てればと思ってスタートしたブログです。


最近、同じ太陽光ブログを運営していて、

ブログを通じて仲良くさせて頂いてた方達が、太陽光ブログの休止や

ブログをやめてしまうという連絡をもらいました。


理由は、

最近、アクセス数がほぼゼロ。

書くことも、毎日の発電量くらいしかない。

見てくれてる人もいないし、やめる。


これが最大の理由のようです。


今まで共通の話題でお話などしてたので、非常に寂しいような悲しいような気分。


しかし、ブログですから無理してまでやるものでもありません。


また、ブログで再開できることを祈ってます。


お疲れ様でした。沙良より










太陽光発電施工業者にも、やっぱり存在した。

今日は、沙良のきまぐれ日記


太陽光発電システムの設置に関して、

太陽光発電システムをお客さまに販売している

立場の販売代理店、施工業者にも

このような事が存在します。


それは、勝手な思い込み!


以前、設置するお客さまのなかには

まったく話を聞かないで、

自分の思い込みで話をする人がいると

ブログに書いたことがあるが、

これが業者にも当てはまる!

かなり困るのです。


これが、少し問題にもなってきている。


このような設置のほうが発電量が良い。

このメーカーのほうが良い。

性能の比較、機器の構造。

この施工方法でも保証可能。


すべて販売する立場の勘違い、思い込みで

トラブルに発展しています。

こうなると、どうしようもないですね。

最終的には、損害はお客さまになるのです。


お客さまの施工業者の選定も

かなり難しくなってます。

単純に安いだけでは危険過ぎます。

注意しましょう!


スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。