元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

シャープ、発電と採光を両立したシースルー太陽電池モジュールを発売

シャープ、発電と採光を両立したシースルー太陽電池モジュールを発売


シャープ は、発電と採光を両立し、ガラス建材として

活用できるシースルー太陽電池モジュール5機種を発売する。

マンションベランダの手すりや窓、カーテンウォール、

ひさしなど、一般的なガラス建材が取り付けられている

場所に合わせて提案していくとのこと。

これは、2012年9月に発売したシースルー太陽電池モジュール第一弾に続くものだ。

シースルー太陽電池モジュールとは、屋根などに設置する

一般的な太陽電池モジュールで採用されている

金属フレームを無くし、合わせガラス構造を採用することで、

通常のガラス建材と同様にサッシや手すりの枠などに

納めることができる。また、セルに細かなスリットを施しており、

発電しながら適度に光を室内に採り込め、

熱を遮ることもできる省エネガラスとして、窓や手すり、

カーテンウォール、ひさしなど様々な場所に設置できるものだ。
 
同機は、薄膜太陽電池セルに細かなスリットを施すことで、

発電と採光を可能にしており、設置場所に合わせて

選ぶことが可能。従来機より高さを30パーセント抑えて小型化し、

通風部分を考慮した開放感のあるマンションの手すり用として

提案する。また耐静荷重性能を従来機の約1.9倍向上させ、

高層マンションへの設置も可能だという。

建築業界で広く採用されている柱間(1200ミリ・ピッチ)に

対応すべく、複数のモジュールを接続する配線やサッシの

幅を考慮して幅1150ミリで設計され、カーテンウォール用や

天井に設置するトップライト用としても設置できる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130728-00000010-economic-ind

最悪!!太陽光発電システム、やはりこのような事例が!

国定公園の松にドリルで穴開け枯らす…その理由は


福岡県にある国定公園の松林。数本の松の木が茶色く変色し、

枯れています。木の幹には、ドリルによって直径数センチの穴が

開けられていました。いったい誰が何のために穴を開けたのか。

その驚きの理由は、公園の隣にある太陽光発電のパネルにありました。





このニュースを見て、ショックを受けました。


やはり、このような事例が発生してしまったと・・・。


本当に悲しいし、怒りしかない。


自分の欲しか考えていない、自然なんて関係ない!!


自分が儲かれば良い?


太陽光に関しても知識不足のような感じも受ける。



絶対に、このような人物はいつか現れるとは思った。


救いようがないというか、どういう考えをしてるのか?


事業目的とすれば、利益を考えるのは当然だけど・・・。


このような事をして、何も感じないのだろうか??


それが不思議。
 

これが子供、孫が見ていれば普通の事と思ってしまう、


悪循環になるのは、目に見えている。



本当にどうして?このような人間がいるのか?



沙良は悲しくなりました。


このような事をしてまで、大型太陽光発電システムを普及させることはない。


このような事のために、太陽光発電システムを考えてきたわけでもない。


皆さんは、どのように考えますか?

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! あるある編

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!


あるある編


今日は、あるある編です。

きっと、太陽光発電システムを販売してる業者さんたちは、

身に覚えがあるのでは?



この、あるある編、某販売代理店など多数の業者さんたちに

聞いてみると、一番多かったのは、

契約寸前に息子が表れて色々言ってくる!!

でした。


事例1

大手販売代理店のF営業部長さんより。

夫婦2人暮らしのS様邸から、太陽光発電システムを自宅の屋根に設置を検討してるので

説明と屋根採寸をして見積もりを出して欲しいとの電話があり、訪問した。

挨拶も兼ねて国内太陽光メーカーのカタログを数社渡し、

簡単な説明をして、屋根は後日、採寸することとなった。

数日後、屋根採寸をし問題なく、希望の4KW前後が設置出来るとの

考えから、S様邸に最適な国内メーカーを選定、見積もりを作成。

アポを取り、見積もりとメーカーカタログを持って訪問。

御夫婦に丁寧に、太陽光発電システムのしくみ、メリット、デメリット、

どうして、このメーカーを選定したのか?などを説明した。

数日後、設置を前向きに検討してるので話を進めて欲しいと電話があったらしい。

数社へも見積もり依頼はしていたらしい。

その後、打ち合わせなど時間を掛けて行い、契約日を決め

契約日に訪問すると、どうも様子がいつもと違っていた。


F営業部長とこの販売代理店に疑問を持ったと言い出したらしい。

詳しく話を聞いてみると、週末に同居していない息子夫婦が来たとの事。

息子夫婦は車で1時間位の場所に住んでるらしい。

息子夫婦に太陽光発電システムを設置することを伝えたら、

見積もりを見せてくれと息子が言い出したので、

F営業部長の作成した見積もりを渡した。


息子が言い出した言葉が、あやしい!!だった。


太陽光発電システムの、見積もりの作成方法は

KW単価でしかないため、非常に簡単にカタログの定価で表示し

すべての合計からKW単価へ合わせて値引きをする場合と、

カタログから部材をそれぞれ値引きした金額で作成する場合と

2種類ある。

どちらで提出したかは、聞いてませんが。


その後、息子が言い出したことは、

F営業部長も同僚も予想していたこと。


他の〇〇メーカーのほうが変換効率が良い、モジュールの発電量が高い!!だった。

良くある典型的なパターンだった(笑)


このメーカーを、F営業部長さんが選定した理由は、故障が少なく安定して

発電するようにシステムを組める。

バラつきが少なく年数が経過してもある程度、予測通りに推移できる。

屋根への設置での家への影響が少ない。


息子が比べて、言い出したメーカーは・・・・。

名前は公開しませんが、海外製のモジュールでPCSはメーカー不明。


モジュールは選定した国内メーカーより発電量は高いようだが・・・。


単純に金額だけ比べてしまえば、息子が言い出した海外メーカーのほうが

断然安い!!


F営業部長と息子との話合いでは、やはりというか

モジュールの変換効率、発電量がF営業部長が提案したメーカーより高いのが

大きな理由。


結局、契約は保留となってしまったようです。


このF営業部長さんの所属する会社では、当然、もっと安い海外メーカーも

取扱いしています。

息子が言い出した言葉通りであれば、海外製のもっと金額の安いシステムを

提案することも可能なのですが、

この、F営業部長さんは先の先まで考慮し、設置するだけでなく

設置後、数年後でもお互いが納得するシステムを設置したいという

考えがあるのです。

海外性が悪いと言ってるのではありません、

安ければ良い!という安易な考えではないのです。



太陽光発電システムを販売してる営業さん、

契約寸前、ちょっと知ったかぶりの息子が出現し、

自分の知り合いに頼むとか、初心者レベルの知識を

言いだしてキャンセル。

こんな経験があるのではないでしょうか。













太陽光電池、保守と工場・店舗に活路 住宅向け需要伸び鈍化

太陽光電池、保守と工場・店舗に活路 住宅向け需要伸び鈍化


太陽光電池各社が、住宅の屋根用パネル向け以外の需要や

関連事業に目を向け始めた。

再生可能エネルギー全量買い取り制度に基づく

太陽光発電の買い取り価格が下落し、住宅向け需要の伸びが

見込みにくくなっているためだ。

シャープは大規模太陽光発電所(メガソーラー)などの

保守事業に進出。パナソニックは工場や商業施設の屋根需要に

活路を求めている。

シャープはメガソーラーの太陽光パネルを自動洗浄する

ロボット掃除機を開発した。1時間に約1800枚を洗浄する。

2014年度前半の実用化を目指し、タイに建設した

メガソーラー(出力84メガワット)で試験を進めている。

同発電所では、3万枚のパネルを50~60人体制で

約20日間かけて洗浄してきた。ロボット掃除機を6台導入したところ、

15人前後でも同じペースで洗浄でき、作業効率は3倍に向上した。

砂漠がある中東地域のほか、黄砂に悩む中国、

花粉の飛散が多い日本などで需要を見込む。

保守業務などの受託を拡大し、収益に結びつける計画だ。

 パナソニックは今月、

産業用の太陽光パネル「HIT(ヒット)238A」を発売した。

工場やマンション、商業施設などの屋根に特化した商品だ。


http://news.goo.ne.jp/article/businessi/business/fbi20130725006.html


以前より、警告していますが、

ブームで始めた業者さんたちは、危機感をもったほうがいいですよ!




パワーコンディショナーを理解しよう。 単独運転の防止機能編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

パワーコンディショナーを理解しよう。  なんと数年後は・・・・。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

パワーコンディショナーを理解しよう。 FRT編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

TENMARS TM-206 太陽光ソーラーパワーメーター 太陽光放射強度計 TM206

TENMARS TM-206 太陽光ソーラーパワーメーター 太陽光放射強度計 TM206


【商品説明】 TM-206太陽光ソーラーパワーメーター(太陽光放射強度計)

ソーラーパワーメーターは、 2000W/m2 まで計測可能な太陽光強度測定器

オートパワーオフの省エネ設計最高と最低値

メモリー表示,ホールド機能,測定単位W/m²とBTU切換えホールド、

最高・最低値メモリー機能付きです。

■ソーラーパワーメーターTM-206で自動車のヘッドランプの照度の検査

■ソーラーパワーメーターTM-206で自動車の

ウィンドウによる太陽光の遮断の検査

■ソーラーパワーメーターTM-206で遮断ガラス、

遮断フィルムの検査用途:

太陽光発電システム、太陽電池モジュール、農業、

太陽光発電研究、気象研究、太陽光透過試験、窓材の評価等


TENMARS TM-206 太陽光ソーラーパワーメーター 太陽光放射強度計 TM206

TENMARS TM-206 太陽光ソーラーパワーメーター 太陽光放射強度計 TM206



「太陽光」偏重、維持に限界 負担増の問題点も鮮明に 買い取り制度発足1年

「太陽光」偏重、維持に限界 負担増の問題点も鮮明に 買い取り制度発足1年


太陽光や風力など再生可能エネルギーで発電した

電力の買い取りを大手電力会社に義務づけた

「固定価格買い取り制度」が7月1日で発足から1年を迎えた。

この間、運転を始めた再生エネルギーの発電施設は

国内最大クラスの原発1基分以上に達し、制度導入が追い風になった。

ただ、買い取り価格が高めに設定された太陽光発電に集中しており、

電力会社の買い取り費用が電気代に転嫁されて

国民負担が増大する問題点も鮮明になっている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130701-00000006-fsi-bus_all

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]