元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!その3

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! その3


「俺は、ローンは嫌い!!」「昔から銀行なんか大嫌いだから、

 ローンなんか絶対に組まない」

 このような金融機関への不平不満をいう客



★ 特徴 ★

 銀行が嫌い、ローンが嫌いなどと金融関係に不満がある。


★ 販売者側から見方 ★ 

 ローンを使用しないで現金振り込みであれば

 うれしいが、危険と考える。

 始めて会ったかたに現金と言われても信用なんてするわけない。

 申し訳ないが、調査してみる必要があると判断する。

 太陽光発電システムの販売では、

 ローンを絶対に使用したくないと言った理由から現金振り込みにしてしまって

 回収不能になったといった事例が多く寄せられています。


★ 販売者側の注意事項 ★

 あえて、言うまでもなく危険。

 回収不能にならないように細心の注意を払うこと。

 その他、身の回りを含めた、細かな判断基準を設ける。


★ 設置後のクレームの確率 ★

 問題なく設置出来た場合、クレームが発生する確率はかなり低い。


★ 消費者、設置するお客様へのアドバイス ★

 現金一括で支払うと決めていても、

 営業マンに金融機関の不平不満は禁句。

 危険と判断されてしまいます。

 理由としては、現在の金融機関はお金に余裕のある方には

 足を運び融資をお願いしたり、お金を借りて欲しいと

 依頼したりしています。

 お金に余裕のある、

 お客様に嫌われるようなことはしないのです。

 現金一括で支払いと決めていれば、あえて

 契約前に営業マンに強くいう理由もないでしょう。
 

 
スポンサーサイト

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!その2

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! その2


「我が家、又は、私の会社は非常に目立つので、絶対に宣伝になるから

 特別に安く設置してほしい」 という客





★ 特徴 ★

 販売者側(営業)の話は聞こうとはしないで、

 自分の話ばかりを一方的にしてくる傾向がある。

 営業マンが話し出しても、すぐに覆いかぶせて

 話をしてくるため、会話にはならない。

 今すぐにでも契約するような言い方をする。

 最終的には、理由も不明のまま契約とならないか、

 キャンセルとなる場合がかなり多い。

 販売者側(営業)からすれば、関わらないほうが安全である。

 一方的にしか話さないので、営業の言ってる意味を理解できていないので

 大半がクレームとなる。


★ 販売者側から見方 ★ 

 申し訳ないが、宣伝になんかならないし、なるわけもない。

 宣伝になると思ってるのは本人(客)だけであり、

 営業マンからすれば、どうでもいい話。



 これが、公共施設や企業の建物で、大人数が出入りする場所であっても

 宣伝にはなるかもしれないが、特別に値下げして

 設置した業者が恩恵を受ける確率は低いのです。


 長く営業をしてる営業マンであれば、一度は経験ある事例ではないでしょうか?


 その目立つ場所にある太陽光を見たから、その設置した業者を指定で

 設置したいなんて言う客は、皆無である。



★ 販売者側の注意事項 ★


 契約日などを決めていても、理由もなくキャンセルになる確率が

 非常に高い。

 豹変したように、「やらない」「やめた!」と一言だけ、

 こんな事例が多いのです。

 ベテラン営業になれば、案外、警戒しやすいかもしれません。

 理由もなくキャンセルになり、やっぱりね(笑)

 こんな話を良く聞きます。


★ 設置後のクレームの確率 ★


 クレームの確率はかなり高確率で発生しています。

 注意しましょう。

 聞いてないとか、説明を受けていないなどのクレームが大半。

 特徴でも話したように、一方的に自分の話しか言わないので

 聞いていないのが理由。

 注意事項を文面に残し、サインをもらうくらい入念にしたほうが

 安全です。



★ 消費者、設置するお客様へのアドバイス ★

 失礼な事ばかり書きましたが、

 宣伝になると思ってるのはお客様だけであり、業者、営業マンは

 宣伝になるとは思っておりません。

 販売者側(営業)から考える、宣伝になるという意味は、

 自分たちの売り上げアップに繋がることです。

 その設置場所を見て、他社で施工されては意味がないのです。

 値下げの幅から考えて、例え1,2件程度宣伝となり設置しても

 利益が取れる可能性は低いのです。


 注意点として、この事例を逆手に取り、

 宣伝になるから安くするので設置してほしいという商法の営業がいます。

 これは、ただ単に売りたいだけの名目です。

 
 営業マンに宣伝になるから!と値下げ交渉するのは逆効果です。

 宣伝になるか?ならないか?は販売者側が決める事。

 社交辞令で目立ちますからね~なんてことは言いますが、

 本気にしないことです。

 

 

 

 

 

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! その1

施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意! その1



      「見積もりを5社以上に依頼してる客」


★ 特徴 ★

  このような、お客様は思い込みが強く、自分に知識があると

  勘違いしてしまう傾向があり、キャンセルの確率も高い。

  若い人に多くローンを使用する確率が高い。



★ 販売者側から見方 ★ 

  販売する営業マンの立場から、言いますと、正直めんどくさい。

  実績、知識などのあるトップセールスであれば、確実に避けたい客。

  理由として、トップセールスレベルになれば見積もり依頼の件数も

  1件や2件程度ではありません。

  10件や15件くらいの見積もり依頼を抱えてる場合が多く、

  その1件に営業する時間が余計であり、あえて時間と労力を使ってまでも

  契約したいお客ではないのです。

  そのうえ、見積もりが5社以上か複数になれば完全に金額しか考えていないと

  予測が付くのです。

  売上成績が悪い営業マンか、新人営業マンに譲ってあげましょう。

  その時間を他の数件での契約に繋げた方が効率的です。

  
★ 販売者側の注意事項 ★


  かなりの苦労をして契約になったとしても、

  ローンを使用する確率が高く、ローン手続きで再度余計な労力を使うことに

  なるかもしれません。

  最悪のパターンとしては、ローン審査不可。

  これになっては、今までの苦労が水の泡になってしまいます。

  もう一つは、施工するまでキャンセルになる可能性を考慮しておきましょう。

  

★ 設置後のクレームの確率 ★


  少なからず、色々と調べている為、

  クレームの確率はかなり低いようです。



★ 消費者、設置するお客様へのアドバイス ★

  太陽光発電システムに関しては、販売代理店などの

  横の繋がりがある場合が多く、見積もりは2社程度にするべきです。

  たとえ、言わなかったとしてもベテラン営業マンであれば

  感覚で複数の見積もりを取っているのかくらいは、

  解ってしまいます。

  あまりにも、安い値段の業者を探しまわり、

  結局は、素人営業マンから購入してしまい

  知識や実績がなく後悔したと言った

  事例もかなり多くみられます。

  2社程度に絞り込み、参考までに他1社から見積もりは取ってみるが、

  前向きに検討してるので、価格を下げてもらえないですか?と

  素直に伝えた方が逆に気持ち良く値下げしてもらえるでしょう。


  

  

  

  

  

  



施工業者、代理店営業マン必見!こんな客には要注意!

最近、ふと思った!


大量にある、太陽光関連ブログや太陽光関連HPの

数々!


○ こんな訪問販売業者には注意!

○ このような、営業マンに騙されるな!

○ こんな施工業者は危険だ!


すべてと言っても言いかもしれない。

視点が消費者から評価したものか、

同業者が営業のために他業者を

批判したりしています。


可哀想に、評価されてるのは、

施工業者、販売代理店などの営業マンなんです。


そこで、

批判もあるかもしれないが、

沙良のブログに訪問してくれてる方たちは

業者の方も多く、アドバイスもさせてもらってるので

あえて、

カテゴリを作ってみました。

それは、

販売する側からから見た、注意しないといけない客。

要注意な客、キャンセルになりやすい客、

クレームの発生しやすい客などを、

アップしていこうと思います。


色々な、とんでもクレームや

腹の立った事例なども大募集!


一般消費者の方たちも、

業者がどのように見てるのか?

考えてるのか?を理解することで

トラブルを回避できるはずです



販売する側だって、人間であり企業です。

販売する側にも考えがあり言い分があります。


消費者から見れば批判は、あるでしょう。

しかし、これが現実なのです。



俺は、客だぞ!と怒る前に、

販売する側の立場と本音、

ご自身の太陽光に関する知識レベルを

理解してみては!


次回から、アップしていきます。
















パワーコンディショナーを理解しよう。 電圧上昇抑制制御方法、登録会社編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

パワーコンディショナーを理解しよう。MPPT(Maximum Power Point Tracking)方式編 その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

現場から 自然エネ、立ち往生 送電網に限界、売れない

現場から 自然エネ、立ち往生 送電網に限界、売れない


新千歳空港にほど近い北海道安平(あびら)町は

酪農や競走馬の生産が盛んだ。昨年、町を流れる安平川の

ほとりにある約100ヘクタールの土地に太陽光パネルを

敷きつめようという計画が持ち上がった。


だが、予定地は今も草がのび放題のまま。

「4・17ショックと呼んでいる」。計画を立てたSBエナジー(東京)の

藤井宏明副社長(43)は苦笑する。

今年4月17日、北海道電力は、2千キロワット(kW)以上を

発電できる「メガソーラー」(大規模な太陽光発電)からは、

全体で40万kWまでしか電気を買わないと発表した。

申請は3月までに87件計156・8万kWあったが、

7割を門前払いすることになる。……


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130621-00000011-asahik-bus_all

CISの秘密!! その12

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大型太陽光発電システムは、慎重に。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

メガソーラー 暗雲 売電申請の7割、門前払いも

メガソーラー 暗雲 売電申請の7割、門前払いも


■電力会社「容量オーバー」/事業者「商売敵の排除だ」

 太陽光など再生可能エネルギーで作った電力を電力会社が

固定価格で買い取る制度がスタートして約11カ月。

異業種の参入が相次いだ大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業が

曲がり角を迎えている。

建設計画が集中する北海道では、ソフトバンクなど事業者による

売電申請の7割以上が門前払いされる可能性が出てきた。

北海道電力の送電網に接続できる容量に限界があるためだが、

高めの買い取り価格の設定で売電申請の殺到を招いた制度上の

問題を指摘する声もある。




http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/657417/

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。