太陽光発電マル秘最新情報など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

スイス国民投票、新エネルギー法可決 脱原発を容認

スイス国民投票、新エネルギー法可決 脱原発を容認

[チューリヒ 21日 ロイター] - スイスで21日、原発の新設を禁止し、

風力や太陽光、水力などの再生可能エネルギーを推進する新法の

是非を問う国民投票が行われ、賛成多数で可決された。

暫定集票結果によると、賛成は58.2%となった。

投票結果は法的拘束力がある。

欧州では、東京電力福島第1原発事故後に原発依存度を低下させる

取り組みが広がっており、ドイツは2022年までに原発を段階的に

全面停止する方針。

スイスには原発が5基あり、そのうち1基は19年に閉鎖する予定。

残りの4基については時期は設定されていない。

エネルギー相を兼務するロイトハルト大統領は記者会見で

「国民が新たなエネルギー政策を支持し、原発の新設を求めていないことが示された」と

指摘し、新法の一部は18年初めに施行されると語った。

新法は「エネルギー戦略2050」と呼ばれ、公的補助金を通じて35年までに

太陽光、風力の発電量を現在の4倍に引き上げることなどを目指している。

現在は太陽光・風力発電は総発電量の5%未満にとどまっていおり、

水力は60%、原発は35%となっている。

風力、太陽光、水力による発電への投資に向け、

電気料金から年間4億8000万フランを徴収する。

また、化石燃料に対する現行税制を通じて4億5000万フランを追加で確保し、

ビルのエネルギー使用量を2000年比で35年までに

43%削減する取り組みに充てる。

ロイトハルト氏によると、家計の負担は

1世帯当たり年間平均40フラン増加することになる。


日本国民はどうなんでしょうね?

原発に反対して大騒ぎしておいて、オール電化だったり・・・。

騒ぐだけ騒いで選挙すら行かなかったり・・・・。

どこか他人事って感じがしますね。

目先の事だけではなく、将来を見据えて

メリット、デメリットを認識し的確な発言をし判断をしてもらいたいですね、

猛暑と太陽光発電システム

今更、説明するまでもありませんが、

太陽光発電システムは、暑いよりも

涼しいほうが発電量はアップします。

当然、パワコン内部も冷却が必要ですので

ファンあり、ファンレス、基盤のみファンあり、と

様々な仕様となっています。

涼しいほうが良いからと高温になったモジュールへ

冷却された水を散布していたユーザーさんを

見掛けましたが、急激に冷却することで

モジュールのバスバー電極にどのような負担が

あるのかは?

少し考えたほうが良いでしょう。

1日中、モジュールへ水を散布している方も

いるようです。

劣化などの影響を一度、考えてみては?

どうでしょうか?

再生エネルギー 総合戦略

再生エネルギー 総合戦略

環境省が、地熱や洋上風力、太陽光発電などの再生可能エネルギーを

2030年までに大量導入するための長期戦略を策定する。

50年以降の「脱炭素社会」実現に向け、

パリ協定に基づく地球温暖化対策に生かす。

政府が再生エネの長期戦略を立てるのは初めてで、

今後のエネルギー基本計画見直しや予算編成に反映させる。

同省は50年に二酸化炭素(CO2)を出さない再生エネと原発で

総発電の9割以上をまかなう長期ビジョンを作っており、

その実現につなげる狙いもある。

来春までに再生エネを活用したCO2削減戦略第1弾をまとめる。

30年段階での数値目標も示す方針。

環境省によると、大型水力発電も含む再生エネの電力供給に

占める比率は現在12%強で、30年には22~24%まで引き上げる

ことにしている。

デンマークは既に55%を占めており、ドイツやイタリアも33%

長期戦略では、潜在能力が高い地熱や洋上風力の最大限の活用

〇地域に根差した再生エネの拡大

〇太陽光などによる自家発電・自家消費の促進

策定チームに自然保護担当部局も加え、国立公園や野生生物の

データを基に地熱や風力発電の開発を認める地域と

規制する場所を分ける「ゾーニング」を検討する。


太陽光ブームが終わった、なんて新聞報道がありました。

あれだけを見ると、すべて終わったように理解してしまう方が

多くいた事でしょう。

しかし、太陽光は終わってはおりません。

ブームというか、あまりにも敷居が低かったガイドラインを変更し、

通常レベルに戻したようなもの。

完全に悪者呼ばわりの太陽光で、知ってか?知らずか?

悪い噂は広がるものです。

まもなく、VPPが構築されてきます。批判してた方も

喜んで恩恵を受けるのでしょうか?

製造拠点変更

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ドイツ太陽電池メーカー大手、ソーラーワールド社が破綻

ドイツ太陽電池メーカー大手、ソーラーワールド社が破綻

ドイツの太陽電池メーカーのSolarworld(ソーラーワールド)は5月10日、

太陽電池パネルの価格低下等の影響を受け、

債務超過により経営が破綻したと発表した。

また、経営の回復は見込めないと判断し、

地元の裁判所に破産の申請を行うことを決定した。

系列会社の債務超過については現在調査中という。

ソーラーワールドは、ドイツのボンに本社をおき、

ドイツとアメリカに製造拠点を置く。

原料のシリコンからウェハの製造、太陽電池モジュール、

太陽光発電システムに至るまでの全バリューチェーン工程を

すべて独自で手掛けている。

世界各国の販売拠点を通して、屋根用施設からメガソーラーまで、

太陽光モジュールと太陽光発電システムを提供してきた。

日本ではソーラーワールドジャパンが製品を販売している。

同社のモジュールは国際基準を上回る性能と品質を誇り、

これまで10年としていたモジュールの製品保証を20年に延長するなど、

拡販に向けて取り組んできた。

ドイツでは、世界の太陽光発電市場をけん引してきたヨーロッパ市場の低迷と、

中国メーカーの台頭による太陽電池パネルの価格低下のあおりを受けて、

太陽電池メーカーの倒産が相次いでいる。


簡単ですが・・・。

太陽光発電システムの耐久性、故障などを調査していると

やはり、熱の問題が大いに関係している。

太陽電池モジュールにしても、PCSにしても

熱の影響とも言える現象が多い。

詳しくは先程、お話していますが、

涼しくする、ということは、単純だけど重要です。

故障するであろう箇所は特定できるし

その箇所を冷却するだけでも

耐久性は保たれるかも。

講師を終えて

5月12日、プライベートブログでもアップしましたが、

午後から講師を行いました。

正直、疲れました~~。

皆さん、真剣に聞いてくれてまして・・・。

もっと適当に聞いてくれてると楽なんですけどね。

これからの市場では単体と言うより、様々なものが

リンクしてくるような仕組み作りとなります。

太陽光発電システムを取り扱うにしても、それだけでは知識不足であって

蓄電池だけでもダメ。

組み合わせたら、どのようなメリット、デメリットがあって、

どのように動作するのか?まで認識していないといけません。

これだけでも足りません。

ネット環境、サイバーセキュリティー対策・・・・。

すべてです。

まさに、エネルギーミックスですね。

これからの為にも、過去の記事をご覧になってください。

今日は、2017年5月9日です。

この沙良の太陽光発電ブログの第1回目のアップは、2012/05/31でした。

まさか、ここまで続くとは思っていませんでした。

皆さんのおかげですね。

ありがとうございます

この長い期間、多くの方と知り合い、メール、コメントや

直接お会いしたり、同じ業界の方との繋がりが増えました。


このタイミングであえて言いますが、沙良のブログの過去の記事を

時系列で再度見直してみてください。


〇 PCS遠隔制御の導入

〇 機器の開発

〇 PV業界の方向性(販売店、施工業者の淘汰)

〇 O&M オペレーション&メンテナンス = 運営・保守管理の導入

〇 FIT法の変更 認定手続きの仕方の変更

〇 メーカーの方向性 

〇 後ろを振り向けるか? http://shouene94.blog.fc2.com/blog-entry-452.html なんて、

話もしましたし、近いうちに解かると思いますとも書いてあります。


すべて、数年前にアップしています。 


3年程前、ブログに、

O&M オペレーション&メンテナンス = 運営・保守管理の導入の事を

簡単にアップしましたが、批判的な意見が多かったように思います。

沙良を認めてくれた業者さんも少数おりましたが、

沙良のアドバイス通り、現在はO&M体制を確立させています。


PVブームが去って多くの業者さんが淘汰されたのも事実ですが、

ビジネスチャンスと捉えてる業者さんがいるのも事実です。

現在、ビジネスチャンスと捉えてる業者さんの多くは、沙良の知ってる限り

ある程度のレベルであり、国内市場への影響力がある業者さんでしょう。

これが本来のPV市場です。

今までが、制度の甘さもあったが、あまりにも低レベル過ぎでした。

実際、現在、沙良のブログに訪問してくれてる方も、

PV業界では有名な企業さんばかりです。

本当はブログで企業名を書きたいくらいですが・・・・。

これは絶対に書きませんので御安心下さい。


このビジネスチャンス、企業体力でどのラインへ入り込むのか?

FIT法が20年間として、FITに100%依存するようなビジネスであれば

確かにビジネスとしての収益化は可能でしょう。

しかし、20年後は・・・・・。

FIT法も3年を目途に動いていたのにも関らず、

異常なまでの業務拡大・・・・結果、倒産。

制度の問題があったにせよ、同じ事は避けなければなりません。

エネルギーミックス、全体に関われるようにしないとPV市場単独という

事にはならないでしょう。


先程、アップした内容も重要 に関わってきます。


沙良のブログでは可能な限り、どのブログよりも早く情報提供して

いるつもりです。

詳しくお伝え出来ない、アップする前に、アップした途端に

変更になることもあります。


今までお伝えしてきたように、先を見据えてくださいね。

ここからは、今まで以上のスピードで様々な事が

導入され変化します。

不安視されてた電圧フリッカ

九州電力管内でGW中に発生が不安視されてた、

電圧フリッカが確認されたと報告がありました。

電圧フリッカは、電気炉など電気を大量に使用する機器の周辺では、

電圧が不安定になると、発生し照明が点滅するような現象のこと。

原因は太陽光発電システムのPCSの設定。

九州電力は電気の品質を安定させようと、発電装置1万台の緊急対策を進める

ようです。

PCSからは、九電の配電網や太陽光パネルにトラブルがないか、

検知するための電力(無効電力)が送られる。

この無効電力が増大すると電圧に変化が生じ、照明のちらつきにつながる。

無効電力の量を減らすための設定変更が必要となります。

ここからは、沙良の勝手な見解ですが、

需給と供給バランスに問題があって、

沙良のブログを毎日、見てくれてる方は解かると思いますが

フリッカを考えずに、PCSの制御、動作だけで考えると

無効電力の量を減らすとなると・・・・・。

原因はPCSなんだけど・・・・。

皆さんリスク管理はしておきましょう。

九州で過去最大の太陽光関連倒産

九州で過去最大の太陽光関連倒産

(株)ZEN POWER

負債総額は約52億円

太陽光関連としては九州・沖縄で過去最大の倒産、再生可能エネルギーの

固定価格買取制度が導入された平成23年以降では全国で3番目の大型倒産。

福岡システムLSI総合開発センターにおいて、

太陽光発電設備開発を目的としてエスシパワ(株)として設立し

平成25年10月、現在地に移転した。

福岡県久山町に工場を開設、太陽光発電モジュールの組立・販売を主に手掛け、

日本製を強みとして国内および海外向けに販売し、

26年12月期は約74億円の売上高をあげていた。

しかし、大口取引先だったドイツの企業に多額の不良債権が発生したことで

資金繰りが悪化し、仕入代金の支払いができなくなった。

また、欧州でのモジュール価格の下落、国内では再生エネルギー買取価格の

引き下げなど太陽光市況が急激に悪化するなか、

27年12月期の売上高は約5500万円にまで減少。

同期末までに社員を解雇し、事実上の事業停止に追い込まれていた。

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]