一般ユーザーの間違えてる認識、考え方、事例集など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

大雪での太陽光発電システムの注意点 4 

大雪での太陽光発電システムの注意点 4

大雪での注意点などを簡単にお話してきましたが、

大雪での注意したい点検項目を簡単にアップしてみようと思います。


まず、目視

簡単ですが重要な点検項目です。

① 架台が倒れていないか? (倒れてれば、一目でわかりますが・・・)

架台を軽く押してみて、極端に動く場合やあきらかに倒れそうな場合、

早急な対応が必要です。

② 架台のフレームのゆがみ、破損がないか?

③ モジュールの破損はないか?

④ ケーブルの断線の有無


ケーブルの断線がありそうであれば、かなり慎重に行ってください。

感電してしまうおそれもあります。むやみに近づくことも危険な場合もあります。

⑤ PCSの動作状況の確認

エラーが発生していることもあります。


屋根設置の場合、屋根に登ることは危険ですので避けてください。

架台フレームのゆがみ、モジュールの破損など、

遠目から確認し雪が完全に溶けたら、設置業者に点検依頼を

するほうが良いでしょう。


基本的なことだけ書いてみましたが、日々の点検が重要です。

雪が解けたら発電するだろう?とほったらかしのユーザーさんも

多いようですが、冬季期間くらいは気にかけてみるのも

良いかもしれません。

大雪での太陽光発電システムの注意点 3   野立て編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

大雪での太陽光発電システムの注意点 2

大雪での太陽光発電システムの注意点 2

最近の数年に一度の大寒波・・・。

10年から20年間の買取り期間では自然環境も変化し

今まで雪が降らなかった地域での大雪も考えられます。

現に雪の降らなかった地域で積雪があったりと予測困難になっている

のも事実です。

雪の降らなかった地域での積雪対応として。

雪の降らない地域では、雪かきがないとお聞きします。

車のフロントガラスの雪を落とすようなものもないのでしょう。

冬季になると雪の降る地域では、車のフロントガラスの雪を落とす

ものが販売されます。

柔らかいゴムが先端に付いており、ガラスを傷つけないように

雪を落とすもので長さが延長できるものもあります。

安価ですのでインターネットで1つ購入しておくと便利かもしれません。


少し費用は発生しますが、モジュールとモジュールの隙間があるような場合、

モジュール間の隙間を埋めるようなものもあります。

モジュールとモジュールの間に隙間があると、雪が引っ掛かり

落ちにくくなります。

その隙間を埋めることで雪を落としやすくし、破損を防ぎます。


モジュールの損傷は積雪による荷重だけではありません。

モジュールとモジュールの隙間に雪が挟まり、氷になり膨張し

モジュールを押してしまい結果、シリコンを破損、フレームを破損して

しまうこともあります。

水、氷は鉄管も破裂させるくらいの力がありますから。

以前、少し説明しましたがケーブルは確実に留めましょう。

雪の重みでケーブルが引っ張られ破損したり根元から抜けてしまったり

することも考えられます。

続く

大雪での太陽光発電システムの注意点 1

大雪での太陽光発電システムの注意点 1

2017年になり数年に一度の大寒波で日本海側が大雪となっています。

毎年、毎年、数年に一度の大寒波と言われてますので、

おそらく来年以降も局地的な大雪になる可能性があるのかもしれません。


大雪に関しての太陽光発電システムの注意点など、他のブログでは

見掛けることもないため、アップしてみます。

参考にしてみてください。


〇 積雪地域への設置

積雪地域への設置では平均積雪量などから積雪対応モジュールを必ず選定してください。

安ければ良いという安易な考えから、通常のモジュールを選定している

販売店が見受けられますが、ユーザーさんも設置前に確認しておきましょう。

積雪対応モジュールは、積雪の重さが平均垂直2mまでが大半です。

重みに耐えるようにモジュール裏へプロテクションバーで補強されていたり、

フレームが強固に変更されています。

〇 積雪による垂直に働く荷重

〇 雪が解け偏りによる荷重

〇 雪が周りの雪と繋がりモジュール左右の端に掛かる荷重

以上3点です。

これらを無視してしまうと間違いなく損傷に繋がります。

上記はモジュールに関して簡単に説明しましたが

モジュール取り付け方法、架台、野立ての仕様も積雪仕様に

することも必須となります。


〇 モジュール取り付け方法

普通に考えて、モジュールの雪は早く落としたほうが良いでしょう。

早く落とすことで発電量が戻りモジュールの損傷リスクも減ります。

太陽電池モジュールの形状は長方形が多いのですが(一部正方形もあり)

太陽光発電システム販売当初は、特にメーカーの規定はなく

長方形を縦に設置したり横に設置したりとバラバラでした。



sub_pct01.png


現在は長方形の横置きが基本となります。横置きにしたときに埃や砂などが

流れるようにフレーム加工がされていたりと工夫されています。


積雪に関しては縦置きのほうが雪の落雪までの面積が多く、

雪が落ちにくく、モジュールへの荷重が掛かり過ぎ

モジュール上側が重みで破損するリスクが高くなります。

長方形の厚紙を手に取って試してみると解かりやすいでしょう。

全国各地を訪問させて頂いたときに、極まれに縦置きの

野立てシステムを見掛けたこともあります。

おそらく国内メーカーではなく海外メーカーのモジュールと思いますが、

架台の補強も視野に入れておきましょう。

モジュールへの積雪荷重の掛かる部分への架台での補強は必要になります。

ただし、架台自体も積雪荷重まで計算されたものを使用しないと

意味はありません。

架台フレームが曲がったり、折れたり、してしまいます。


〇 野立てシステムでの積雪注意点

積雪に関する注意点は上記と一緒ですが、

野立てシステムでの地上高は重要です。

通常GL600くらいが多いと思いますが積雪地域では積雪量を考慮し

GL1000~2000で施工した方が安全です。

このGL数値ですが単なる積雪量だけの計算は避けてください。

GLプラス、モジュールの枚数を考慮してください。

地上への積雪量モジュールへの積雪量を考えるという事です。

モジュール面積へ溜まった雪が地上へ落ちることを計算する。

地上への積雪量だけだと、モジュールから落ちた雪が地上へ溜まった雪の上に

溜まり、モジュールの下側の列が雪の下になってしまいます。


これはPCSの取り付け位置も同様です。

モジュール取り付け位置が積雪に対応し高く設置されていても、

PCSが地上に置かれていたり、架台GL600程度に取り付けられていたら

PCSは雪の下になっていまします。

高電圧の電機機器であるPCSが雪の中にあるということは、

水没する可能性もあります。

どれだけ危険なことか、あえて言うまでもないでしょう。


〇 積雪地域の野立てシステムの傾斜角度

積雪荷重を避ける、なるべく早く雪を落とすことを考えれば、

22度以上は必要でしょう。

30度くらいあれば概ね、雪は落ちてくるでしょうけど夏場の発電量に影響を

受ける可能性もありますので注意しましょう。


〇 積雪地域の野立てシステムのフェンス、距離など

積雪地域での野立てシステムではフェンスからの距離も考慮する。

道路に面したシステムなどは除雪の雪が飛ばされ、

モジュールに当たり破損したという事例も報告されています。

雪かきした雪がフェンスを押してしまうことも考えられます。


積雪地域への設置と、モジュール取り付け方法の注意点を簡単にお話しましたが、

これは基本中の基本のことですので、ここまで検討されて設置されているとは

思います。

それが当然の事です。

事業として行うのなら尚更リスク管理は必要です。

太陽光発電システムの間違えた認識を教えて欲しい その2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

太陽光発電システムの間違えた認識を教えて欲しい その1

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]