太陽光発電システム業界の裏話など、元太陽光発電システムメーカー勤務の、平凡OLの沙良が、省エネ、節電に挑戦!! お小遣いを含め500万円を目指し奮闘します。 太陽光発電のマル秘裏話から、沙良の省エネ奮闘記。

新聞記事

新聞記事に大きく、太陽光発電システムのブームは終わったと

書かれていました。

なんか、複雑な気分でした。

真剣に太陽光発電システムの販売に携わって、

しっかりメンテナンスも考えて業務をこなしている方や、

一般ユーザーさんでも真面目に勉強し考えている方は多くいます。

あれでは、完全に終わったような感じに取られますね。

太陽光発電システムが悪者のようです。

制度の甘さもありましたが、あまりにも欲、儲けに走った一部の人間が

いたことの結果です。

再生エネルギーの観点からは、太陽光発電システムが無くなってしまうことは

ありません。

しかし、真面目に取り組んでいた販売店、一般ユーザーさんに影響が

あるのも事実です。


PVブームが去るのは予想しておりましたが、後味悪いな~と。

去るなら、綺麗に去って欲しかった。

真面目に関わってる人間からすると、ただの迷惑でしか

ありませんでしたからね。本当に・・・・。

PV関係のブログの数々をみても一目瞭然でしょう。

一ヵ月更新無しの多い事、多い事。

真剣に関わるなら、最後まで真剣に関わって欲しいですね。

セキュリティ問題の課題 2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

セキュリティ問題の課題 1

太陽光発電システムのセキュリティ問題というのを

どうして、一般ユーザーの皆さんは気にしないのか?

発電量が多い、少ない、儲かる、儲からない・・・。

これだけなんだろうか?

制度の甘さがあったのは事実だが、

私からすれば、これから先、考えていく事は多くあると

思うのだけど・・・。

電気の使用量、発電量の計測や、すべての家電を遠隔から制御できると

いう事は、便利ではあるがセキュリティ上、かなり強固でなければ

ならないのです。

これは、太陽光発電、蓄電池、電気自動車、エネファーム、ネガワット等の

導入拡大に伴い必要となるのです。

続く

フィールテストデーターの変化

フィールドテストのデーターの数値が、

今年辺りから、おそらく変化してくるのではないかな~と

思っていたのですが、先日のデーター収集辺りから

案の定、少し変化してきました。

テストスタートから、6年目のデーターです。

影響が解かる、解からないのギリギリでしょうか。

沙良の予想通りです。

逆算すると、そろそろかな~とは思っていましたが・・・。

イコールコンディションでの数値なので各メーカーの差はありません。

あまり具体的なメーカー名を書いてしまうと誹謗中傷になってしまうので

避けさせて頂きます。

気になっていたのが、マイクロクラックです。

人間の目視では確認することは不可ですが、

以前、沙良のブログでクラックがあるモジュールメーカーがあります。と

お話したことがありますが、覚えていますでしょうか?

このマイクロクラックは放置しておくと、徐々に拡大して発電量の低下などに

つながる可能性があります。

設置当初は通常の発電量で推移すると思います・・・。

これが基準になってしまうのでおかしくなってしまうのですが、

この段階でマイクロクラックが確認済みなので、

クラックなしであれば、調子良いと思っていた発電量よりも

良いはずなんです。

調査結果では、モジュール出荷後の運搬中や施工の段階によるものでした。

そのため、影響が表れてくるまでにタイムラグがある。

理由としては、太陽光発電システムの認知度と、施工業者の知識、実績。

モジュールの裏側は、表に比べて強度が小さいので

裏側へ少し衝撃があっただけでも影響を受ける可能性があります。

施工時にモジュールを乱暴に積んだり、置いたり、取り付けに

モジュールを踏んだりと・・・・。

これだけでも、モジュールによってはクラックが入ります。

解かりやすく言いますと、スマホの画面を強く押してるような感じです。

水分、湿気に加え、夏期、冬期の温度差により電極の収縮など、

モジュールへの負担は結構掛かります。


これらに耐えられるか?が耐久性の1つという事にもなります。


マイクロクラック自体は目視での判断は難しいと思いますが、

白くなっていたり、虫が這ったような跡があったりすれば、

間違いなくクラックの影響でしょう。

白くなっていれば、夏期、冬期の温度差により電極の収縮により

断線しホットスポットとなっていますし、

虫が這ったような跡であれば、湿気が入り込んでいます。

沙良の経験上、クラックの入る箇所で一番多いのが、

長方形であれば左右の両端から少し内側のセル。

ここは一番弱い箇所でもあり、施工業者が手で持つ箇所でもあります。

EL検査を1枚毎にすることは、家庭用PVでは費用も掛かりますし、

現実的に不可能ですから、目視というのも重要だと思います。

野立てシステムであれば、一度、目視で確認することをお勧めします。


注意:屋根上に登るのは非常に危険ですので業者に依頼しましょう。

早急に対応を

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

平成29年度以降の売電単価と長期スパン 2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

過積載対応6

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

資源エネルギー庁ハガキ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

出力20万kW超へ 最大300億円

伊藤忠商事は国内で、メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を拡大する。

開発業務を伴う新規案件を中心に開拓し、2020年3月期までに合計出力を

現在比約5割増の20万キロワット以上に積み増す。

総事業費は200億―300億円程度を見込む。

国内の太陽光発電事業の環境は厳しいものの、

機器調達力や事業運営ノウハウなど商社特有の機能を生かすことで、

安定した収益基盤として育成する。

このほど岡山市内で、伊藤忠にとって国内3カ所目となるメガソーラーが完工し、

運転を開始した。

同発電所は出力3万7000キロワットで、芙蓉総合リースやガス販売会社の

サイサン(さいたま市大宮区)などと設立した事業会社が運営する。

総事業費は約150億円。発電した電力は中国電力に販売する。

伊藤忠は既に、愛媛県西条市と大分市日吉原でメガソーラーを運営している。

また佐賀県唐津市で出力2万1000キロワットのメガソーラーを建設しており、

18年4月に完工予定。

最重要: 太陽光発電システムを設置の全ての皆様へ  質問編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサードリンク

Copyright © 元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦 All Rights Reserved.
<元太陽光発電システムメーカー勤務@平凡OLの省エネ、節電大作戦/a> [PR]